オペレーター様 プリントシール機事業部ニュース

『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店、 ”PINK GENIC”な店舗を初公開!


フリューが運営する「“せかいいち、かわいい”プリのお店」がコンセプトのプリントシール機専門店

moreruモレル mignonミニョン』舞浜イクスピアリ店、
PINKピンク GENICジェニック”な店舗を初公開!

明日4月25日よりグランドオープン!

新進気鋭のガールズクリエイター3組とコラボレーションし、ピンク色の街並みを表現

フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗、以下フリュー)は、「“せかいいち、かわいい”プリのお店」がコンセプトのプリントシール(以下プリ)機専門店『moreru mignon(モレルミニョン)』を、明日4月25日(水)、東京ディズニーリゾート®内の商業施設「イクスピアリ®」(千葉県浦安市)にオープンいたします。これに先駆け、ピンク色でフォトジェニックな世界観を表現した“PINK GENIC(ピンクジェニック)”な内観を初公開いたします。なお『moreru mignon』を千葉県に出店するのは初めてで、プリ機専門店としては日本最大級の広さ*1となります

*1…2018年2月現在 フリュー調べ


『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店

『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店は、“特別なゲストになれる街”をコンセプトに店舗装飾やサービスを展開するプリ機専門店です。フォトジェニックな世界観の中でプリ撮影や記念撮影をお楽しみいただけます。
本店舗では「PINK GENICなプリTOWN」をテーマに、今話題のガールズクリエイター「ステレオテニス」さん、「otome journal」さん、「伊波 英里」さんとコラボレーション。“SNS映え”するフォトスポットが並ぶピンク色の街並みを表現しました。メインオブジェの「PINK MONUMENT」や、巨大な本が壁や床から飛び出した「PINK GENIC BOOK STORE」、店舗情報をポップな映像で説明する「PINK TOWN TV」などが登場。さらに、フリューの人気プリ機12台での撮影やメイクスペースの利用、オリジナルグッズもご購入いただけます。若年女性だけでなく恋人同士やご家族連れなど、店舗を訪れる方の特別な思い出作りをお手伝いたします。

■ 『moreru mignon』概要

[店舗名]

[営業開始日]

[営業時間]

[所在地]

[コンセプト]

[特徴]

[設備]
 

コラボレーションクリエイター

『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店

2018年4月25日(水)

10:00~22:00

千葉県浦安市舞浜1-4 イクスピアリ 2F トレイル&トラック

‟特別なゲストになれる街”

「PINK GENICなプリTOWN」をテーマに、3組の女性クリエイターとコラボレーションした店内で、フリューのプリ機での撮影やフォトスポットでの記念撮影、グッズ購入などをお楽しみいただけます。

プリ機12台、メイクスペース、“SNS映え”するモニュメントの設置、オリジナルグッズの販売など

:クリエイティブディレクション
(メインオブジェ、サービスカウンター、メイクアップサロン部門)
  ステレオテニス
:アートディレクション(ブックストア部門)
  otome journal
:映像ディレクション(映像部門)
  伊波 英里

◆店舗内観イメージ詳細

スポット名   :PINK MONUMENT

クリエイター  :ステレオテニス

スポット説明 :

『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店のメインオブジェ。ポップな配色と大胆なグラフィックが特徴です。公園をイメージした一角の中心には、アルファベット「P」の大きなモニュメントがそびえ立ちます。

クリエイターコメント:

街全体に若い人から子供まで、たくさんの人が集まるような印象に仕上げしました。メインのPのオブジェは、ピンクを基調としながらもカラフルに、世界観を作り上げて
               います。ステレオテニスの大型立体作品として昇華した
               のは今回がはじめてとなります。
               ぜひ撮影を楽しんで、SNSでシェアしてください。

スポット名   :PINK GENIC BOOK STORE

クリエイター  :otome journal

スポット説明:

外国のアートブックストアをイメージ。トリックアートのような巨大な本のオブジェや、個性的な模様の壁と床での撮影が楽しめます。光る本のタイトルやビビッドな色のしおりもポイント。

クリエイターコメント:

otome journalが店主を務める架空の本屋さんです。“キッチュでキュート”なものが大好きな女の子のためのお店を表現しました。ぜひフォトジェニックな1枚を
               撮影してみてください。

スポット名   :PINK TOWN TV 

クリエイター  :伊波 英里

スポット説明:

店内の遊び方や注意事項を、『moreru mignon』の世界観をイメージしたTV番組風のポップな映像で放映。ピンク色のブラウン管はフォトスポットにも最適。

クリエイターコメント:

店外からピンク色のテレビを見て、「このお店はなんだろう?」と気にかけていただけたら嬉しいです。プリントシール機に並んでいる時間も、PINK TOWN TVの映像を見て楽しんでください。

スポット名   :marché mignon

スポット説明:

ピンク色を基調としたカラフルでフォトジェニックなお菓子や雑貨を販売する、ピンク色バス。一部商品は、『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店限定のパッケージとなっています。この他にも、カラーコンタクトも販売します。

スポット名 :MAKE UP SALON
クリエイター :ステレオテニス

スポット名 :SERVICE COUNTER
クリエイター :ステレオテニス

◆クリエイタープロフィール

ステレオテニス
ノスタルジックな時代感覚を、イラストやグラフィックなど様々な手法で表現し、常に時代に合わせたデザインを提案するグラフィックアーティスト・イラストレーター。様々なアーティストや企業とのコラボレーション、ツアーグッズなども手がける。

otome journal
グラフィックデザイナー・小林圭と、テキスタイルデザイナー・井口愛弓によるアートユニット。ロンドン留学中に始めた交換日記をきっかけに結成。「ジャーナル」というフォーマットの中で試行錯誤して素敵なものをつくろうと日々奮闘中。

伊波 英里
創形美術学校ビジュアルデザイン科卒業後、2010年よりグラフィックアーティスト・アートディレクターとしての活動を開始。グラフィックデザインに軸足を置きつつ、映像やプロダクト、空間演出、テキスタイルなど、表現媒体を問わず多岐に渡り活躍中。

■ 『moreru mignon』概要

業界シェアNo.1*2のフリューが様々なアーティストとコラボレーションして作り上げる「“せかいいち、かわいい”プリのお店」をコンセプトにしたプリントシール機専門店。フォトジェニックな空間の中でプリ機での撮影や、充実したサービスをお楽しみいただけます。2017年9月にSHIBUYA109(東京都渋谷区)にて初出店以来、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)映えするフォトジェニックな店舗デザインや充実したサービスが女子中高生を中心に話題となっている。

*2…2016年夏フリュー調べ


『moreru mignon』ロゴ
<現在展開中の店舗>
『moreru mignon』SHIBUYA109店
[場所] SHIBUYA109 7F (東京都渋谷区道玄坂2-29−1)
[営業時間] 10:00~21:00
《プレスリリース http://www.puri.furyu.jp/allnews/press/20170908_moreru_mignon_press/ 》
・『moreru mignon』東京ソラマチ店(ポップアップショップ)
[場所] 東京ソラマチ イーストヤード2階(東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ2階)
[期間] 2018年2月24日(土)~終了日未定
[営業時間] 10:00~21:00
《プレスリリース http://www.puri.furyu.jp/allnews/press/morerumignon_solamachi_20180220/ 》

※本リリースに記載の内容は予告なく変更となる場合がございます

※『moreru mignon』他は、フリュー株式会社の商標、または登録商標です。

※その他会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【報道機関からのお問い合わせ】
フリュー株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報
TEL:03-5728-1765/FAX:03-6861-4625/MAIL:furyu-press@furyu.jp