オペレーター様 プリントシール機事業部ニュース

『これ以上可愛くなってもいいですか―。』 2017年11月発売決定!


恋するおんなの子の甘酸っぱい世界観を表現した最新プリントシール機

『これ以上可愛くなってもいいですか―。』
2017年11月発売決定!

光と影の演出で“パーツ際立つ、盛れ感”!「ぷっくり涙袋」や「艶やかな唇」が実現

好きなタイミングで撮影できる“セルフシャッター”機能を新搭載!

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗)は、“シュワっと青春”をテーマに、恋するおんなの子の甘酸っぱい世界観を表現した最新プリントシール機(以下、プリ機)『これ以上可愛くなってもいいですか―。』(以下、『コレカワ』)を2017年11月に発売することを決定いたしました。

 『コレカワ』は、目や口などの顔のパーツを際立たせる写りの仕上がりにこだわった最新プリ機です。光と影の演出によって、涙袋がぷっくりと盛り上がり、唇は瑞々しく艶やかに仕上がります。顔のパーツが立体的に際立つことで、『コレカワ』独特の“盛れ感*”が実現します。

 また本機種には、“カワイイ自分”をセルフプロデュースできる機能を新たに搭載。“セルフシャッター”機能では、ポーズや表情を決めた後に、撮影者の好きなタイミングで撮影することができます。目の二重の線の強調や追加で“自然な二重”を表現する機能や、実際にメイクをするような感覚でアイラインを追加できる装飾機能も搭載。お客様の納得する“かわいい”を追及することができるようになりました。

 さらに、“シュワっと青春”をテーマにした外装デザインやゲーム画面、シール台紙デザインも『コレカワ』の魅力の一つ。青い空、白い雲、屋上など“青春”を感じることのできるモチーフをデザインに盛り込みました。 また“素直になりなよ、私。”といった詩的なメッセージを撮影画像に装飾できる「ポエメッセ」スタンプもご用意。最新プリ機『コレカワ』を通して、恋するおんなの子の甘酸っぱい世界観を体感いただくことができます。

※…自分の顔が理想に近い状態に加工されていると感じること


≪プリ機『これ以上可愛くなってもいいですか―。』特徴≫

①“パーツ際立つ、盛れ感”
―光と影の演出で、「ぷっくり涙袋」と「艶やかな唇」が実現

②“セルフシャッター”機能
―まるで自撮り感覚!撮影者の好きなタイミングで撮影できる新機能を搭載。最大9枚まで撮影が可能

③メイク感覚で自分好みに目元を強調できる装飾機能
―二重の線の強調や追加で、“自然な二重”を表現
―「まる目」「たれ目」「ねこ目」から自分に似合う「アイライン」を選択可能

プリ機『コレカワ』外観イメージ


≪プリ機『これ以上可愛くなってもいいですか―。』 詳細≫

●“光と影”の演出によって実現する「ぷっくり涙袋」と「艶やかな唇」

●メイク感覚で自分好みに目元を強調できる装飾機能

二重幅仕上がりイメージ
アイライン装飾3種 イメージ

●“シュワっと青春”をテーマにしたコンテンツ 一例

≪プリ機『これ以上可愛くなってもいいですか―。』 仕様≫


≪“名刺サイズ”の印刷レイアウト「ポケットプリ」を採用 思い出を残して振り返る文化を訴求≫

従来の縦型(長財布に収まるレイアウト)ではなく、名刺サイズのシールレイアウト「ポケットプリ」を採用。おまけ部分をはさみで切り取ることで市販のカードファイル等に収納することができます。

縦型のレイアウト 「ポケットプリ」

「ポケットプリ」開発の背景 ~シールの用途の変化~

プリントシール機のブームが再熱した1999年代、撮影したプリントシールを手帳やノートに貼ってデコレーションし、個人や友人同士で見返して楽しむことが女子中高生の中で大流行。しかし携帯電話の普及や、ハサミで切り取る必要のないデザインされたシールレイアウトの登場により、次第に撮影画像のデータ活用が中心となり、シールは保管する傾向へと変化しました。
業界シェアNo.1*のフリューは、この度プリントシールの活用方法を改めて企画し、“シールを集めて振り返る”楽しみを、女子高生を中心とした現代の若年層女性にご提案します。

*…2015年夏自社調べ

※本リリースに記載の内容は予告なく変更となる場合がございます

※『これ以上可愛くなってもいいですか』、『コレカワ』、「ポケットプリ」他は、フリュー株式会社の商標、または登録商標です。

※その他会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【報道機関からのお問い合わせ】
フリュー株式会社 プリントシール機 広報担当 
TEL:03-5728-1761 FAX:03-6849-7702 MAIL:gri-info-pr@furyu.jp